MCTトークンポリシー

このポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)は、「mangachain利用規約」をはじめとした株式会社mangachain(以下「当社」といいます。)が提供するmangachain(以下「本サービス」といいます。)に関する規約と共に、MCTトークンを取得又は使用するユーザーに対して適用されるものです。ユーザーは、本サービス利用開始時及びMCTトークンを取得又は使用する前に、本ポリシーをよくお読みの上本ポリシーにご同意ください。

1.(定義)

1.本ポリシーにおいて、次の用語はそれぞれ以下の意味で用いられるものとします。なお、本条で改めて定義されていない用語については、「mangachain利用規約」で定められた定義に従うものとします。

(1)「有効化」

ユーザーのウォレット内に保管されたMCTトークンを本サービス上で使用できる状態にすること及びその状態をいいます。

(2)「無効化」

有効化されたMCTトークンを本サービス上で使用できない状態にすること及びその状態をいいます。

2.(MCTトークンの概要)

1.   MCTトークンは、新しいマンガ経済圏を創出することを目的とした、当社が発行する仮想通貨です。MCTトークンは、本サービスその他当社所定のサービスにおいて、当社所定の条件において取得保管、及び使用することができます。

2.   当社は、日本における法令等に基づき、日本国内においてMCTトークンを用いたICO(Initial Coin Offering)及びIEO(Initial Exchange Offering)を予定しておりません。ユーザーは、この点を十分理解した上でMCTトークンを取得、保管及び使用するようにしてください。

3.(MCTトークンの付与)

1.ユーザーは、本サービスを使用するにあたり当社所定の行為を行った場合、当社よりMCTトークンが付与されます。付与されたMCTトークンは、ユーザーのウォレット内に有効化された状態で保管されます。

4.(MCTトークンの使用)

1.MCTトークンは、本サービスにおいて、コンテンツの購入等、当社所定の方法で使用することができます。ただし、本サービス上でMCTトークンを使用する場合、別途当社所定の手数料がかかる場合があります。

5.(MCTトークンの送付及び受領)

1.   ユーザーは、当社所定の方法に従って、MCTトークンを、ウォレットとユーザーの管理する仮想通貨のウォレット(以下「外部ウォレット」といいます。)との間で送付及び受領することができます。ただし、有効化されたMCTトークンを外部ウォレットに送付することはできません。

2.   前項に基づくMCTトークンの送付及び受領には、当社所定の手数料がかかる場合があります。当該ユーザーにおいて実際に送付又は受領されるMCTトークンは、手数料を控除した後の数になります。

3.   ユーザーは、MCTトークンの送付又は受領に伴い、万一税金やその他費用が発生した場合であっても、自らこれを負担するものとします。

6.(MCTトークンのウォレット内の管理)

1.   ユーザーは、ウォレットにおいて、自身がウォレット内で保有するMCTトークンの有効化及び無効化を行うことができます。ただし、無効化が完了するまで当社所定の時間がかかります。

2.   ユーザーは、自己の費用及び責任において、MCTトークンの管理を行うものとします。

7.(退会時におけるMCTトークンの処理)

1.   ユーザーが本サービスから退会した場合、当該ユーザーのウォレットに保存しているMCTトークンは全て消滅するものとし、これを返還及び送付することはできません。退会後も引き続きMCTトークンを保有したい場合は、退会手続前に外部ウォレットにMCTトークンを送付するようにしてください。

2.   前項に基づき消滅するMCTトークンについては、当社の裁量により、発行者たる当社に送付することができるものとします。

8.(免責)

1.   当社は、理由の如何を問わず、MCTトークン及びMCTトークンに付随する価値の消失、その他一切の損害に関し責任を負いません。

2.   当社は、ユーザーの不注意によるMCTトークンの流出、誤送信、ウォレットへの不正アクセス等について一切の責任を負いません。

3.   当社は、システム障害やメンテナンス等により、ユーザーがMCTトークンを送付又は受領できず、またこれを使用することができなかったこと等で被った不利益、損害について一切の責任を負いません。

4.   本条の規定は、当社に故意又は重過失が認められる場合には適用されません。なお、当社が消費者契約法の適用その他の理由により当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社の損害賠償責任は、当該ユーザーのウォレット内に存在するMCTトークンの時価相当額を上限とします。

9.(本ポリシーの改定)

1. 当社は、当社が必要と判断する場合、事前に告知することにより、本ポリシーの内容を変更、追加及び削除することができるものとします。

2. 変更後のポリシーは、本サービス内に掲示された時点からその効力を生じるものとします。ユーザーは、本ポリシーの変更後も本サービスを使い続けるか、告知後20日以内に異議を述べないことにより、変更後のポリシーに対し同意をしたものとみなされます。

10.(分離可能性)

1. 本ポリシーのいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断とされた場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本ポリシーの残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに修正された本ポリシーに拘束されることに同意するものとします。

2. 本ポリシーのいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

11.(準拠法・管轄)

本ポリシーの準拠法は日本法とし、本ポリシーに起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

12.(その他)

その他本ポリシーに定めのない事項については、本ポリシーの内容に矛盾しない限り、すべて「mangachain利用規約」その他本サービスに関する規約の定めるところによるものとします。

2018年11月23日 制定